トップ  ›  食パンができるまで

食パンができるまで

マルト神戸屋 食パンができるまで

念入りに手を洗い、粘着ローラーで服についた髪の毛などを取り除きます。
さらに手をアルコールで消毒したあと、風でホコリや髪の毛を吹き飛ばすと、やっと工場に入ることが出来ます。
着替えてから中に入るまでは、このように手間と時間をかけて、きちんと衛生管理をしています。

念入りに手を洗います。 説明用シートが貼り出されています。 消毒用アルコール

発酵が済んだパン生地を、さらにこねていきます。
その日に合わせて水の温度や練り方を少しずつ変えて調整します。

こねることで、パン生地に粘りと弾力がでてきます。
きめこまやかに広がる生地が、美味しくこねあがったサインです。

発酵中のパン生地です。手前の大きさが奥の大きさまで変化します。 ふわふわに発酵したパン生地です。 きめこまやかに広がる生地が、美味しくこねあがったサインです。

できあがったパン生地を1個のパンの大きさに分けていきます。機械ですばやく分けられた生地を、きれいに丸め、少しの間休ませます。
そうすることでさらに発酵が進み、ふわふわになるのです。

巻いて棒状になった生地をほぐし、焼き型に詰めていきます。 折りたたんで型に詰められた生地は、最後の発酵に入ります。

さぁ、いよいよ焼き上げです。
工場の熱された大きなオーブンの中を、形が整えられたパン生地が流れていきます。
食パンはおよそ40分かけてじっくりと焼き上げます。

工場は、焼きたてのおいしそうなパンの香りに包まれます。

焼きあがったパンは、約2時間かけて冷まします。 適温になったパンは、スライスされ、包装へと進みます。

焼きあがったアツアツのパンを冷まし、スライスして袋に入れていきます。
途中、異物が入っていないか検査するため、"2回"金属探知機を通します。
これも、安心安全なパンをお届けするために重要なことです。

出来上がったパンは、仕分けをされ、スーパーやコンビニへと配送されます。

おいしい食パンができるまでの工程、いかがでしたか?
お店でマルト神戸屋のパンを見つけたら、思い出してみてくださいね。

安全なパンだけを出荷するために、金属探知機で検査します。 包装後、さらに金属探知機で検査をします。 出来上がったパンを、出荷先ごとに仕分けをします。
早朝、トラックに乗って出荷され、お店に並んでお客様の食卓に届きます。    
イーストフード・乳化剤無添加
このマークの付いた商品はイーストフード・乳化剤を使用しないで作っています。
お気づきの点について、お電話によるお問い合わせはこちら
(※元旦のみお休み)
Copyright(c) MARUTO KOBEYA BAKERY CO.,LTD. all rights reserved